Contentsお役立ち情報

Q&A

食品について

まだまだ体が赤ちゃんですので、消化器官等の内臓が未発達です。消化不良の原因となり、最悪の場合、詰めてしまう可能性も考えられます。また、生後の6ヶ月間は体を作る大切な時期なので、おやつでおなかがいっぱいになってしまうと肝心の主食が食べられなくなってしまうといけません。主食をしっかり食べて丈夫な体を作ってください。商品によっては3ヶ月からOKのものや1年未満はダメなものもありますので、裏面表示を確認してお買い求めください。

未開封の状態では、脱酸素剤でパッケージの中の酸素を無くす事によって劣化の進行を防いでいます。開封するとパッケージに外気が入り、脱酸素剤の効果がなくなってしまうため、どんどん劣化が進行して腐敗やカビ等の原因となります。また、常温では害虫の食害を受ける場合もありますので、開封後は必ず冷蔵庫で保存してください。

脱酸素剤の中身は主に鉄粉とビタミンCです。万一食べてしまっても体外に排出されるので大丈夫です。ただし、脱酸素剤の袋は消化できないので、食べてしまった場合は便の様子に注意し、出てきていないようであれば獣医師に相談してください。脱酸素剤は開封すると効果を失うので、開封後は脱酸素剤を除去してください。

開封した直後に脱酸素剤が発熱する場合がありますが、これは鉄粉が急激に酸素に触れると発熱する性質があるためであり、身近なものに例えると『使い捨てカイロ』が暖かくなるのと同じ原理です。発熱量は小さいので、一般的には火傷や発火に至る事はありません。しばらくすると温度は下がりますのでご安心ください。鉄粉は水にも反応する事があるので、濡れた手で触るのは避けてください。

鶏肉や牛肉に含まれる成分が析出して白くなる場合があります。主に『アミノ酸』や『脂肪分』が白く見えるものです。その他には『デンプン』や、サツマイモの旨味成分である『ヤラピン』等が白く粉のように見えるものです。これらは原料に含まれているものなので、召し上がって頂いても問題ないものです。ただし、異臭や変色などが見られる場合はカビの可能性もあるので注意してください。

血液成分が黒く見えることがあります。まれに製造工程で『コゲ』が付いてしまう場合もあります。どちらも召し上がって頂いても問題ないものです。

鶏ササミの風味を最大限引き出すための製法上、鶏の個体差による影響を受けやすい性質があるため、商品の水分値規格には幅を持たせています。水分値1~2%の差異でも弾力など感触が変わる事がありますが、劣化ではありませんのでご安心ください。

ガムの原料である牛皮に含まれる脂肪分や鉄分などが黒く汚れたように見える場合があります。また牛皮の色素や模様の名残で部分的に色が違うように見える場合がありますが、召し上がって頂いても問題ないものです。

メーカーとしてはOKとは言えません。賞味期限が過ぎたから即、ダメになるというわけではありませんが、古くなるにしたがって風味は落ちています。また、賞味期限は未開封の状態での期間です。開封後は冷蔵庫で保存し、賞味期限にかかわらず早めに使い切ってください。

季節によって違いますが、冷蔵庫で保管していた場合、約1ヶ月が目安です。
常温保存の場合、早い場合だと3~4日でカビが生えたり、酸化が始まることがあります。裏面の給与量をよく読み、ワンちゃんに合った量を与えてください。

人間用と同様の基準で製造しているため特に問題はありません。残業の夜食になることもあるという噂もあるぐらいです。しかし、「犬用」ですので、人間が食べる事はおすすめできません。

パッケージ裏面に表示しています。

製造している場所が違うだけです。日本と同じ基準で製造しているので、品質の違いはありません。

おやつは特に問題のないものがほとんどですが、主食になるものは必要栄養素の量が全く違うのであまりよくありません。また、犬には全く大丈夫なものでも、ネコちゃんが食べるとアレルギーを起こす可能性があるものもあるので注意しましょう。

ペットの食べ方や習性によっては、のどに詰まらせることがありますのでお勧めできません。必ず観察できる状況でお与えください。

用品について

水分が多すぎると発芽不良の原因になります。土が湿る程度で十分なのでキリフキで水をかける程度で大丈夫です。ウラ技ですが、種を2~3時間程水に浸けた後、水分をきってから蒔くとよく芽が出ますよ。

猫にとってのマタタビは人間で例えると『お酒』のようなものと言われています。効き方も、上機嫌になって元気のでるタイプの子もいますが、よだれをたらして転げまわる『泥酔タイプ』、大声を出して暴れまわる『大トラタイプ』など、反応のタイプも 様々です。中にはマタタビが全く効かない『酒豪タイプ』や全くダメな『下戸タイプ』の子もいるので、与える時はその子に適した量を与えるようにしてくださ い。ちなみにマタタビでも木の部位によって強さも異なります。粉末状になっていたり、そのままでも販売されている『実』部分が一番強く、『木』や『葉』の部分は実部分に比べると若干効果は弱いです。

刃と刃の間に毛が詰まっていたり、潤滑油が不足すると切れ味が悪くなります。こまめに刃の掃除と注油をしてください。潤滑油は付属のもの以外でも市販の上質ミシン油であれば使用できます。それでも切れ味が悪い場合は刃の交換時期です。

吸水体であるポリマー自体は害のある成分ではないのですが、大量に食べてしまうと体内の水分を吸収して膨らんでしまうため体内に詰めてしまう可能性があります。食べてしまった場合は水を大量に飲ませる等でポリマーを吐き出させた後、獣医師にご相談ください。シーツを破ってしまうクセのある子には、『シーツ 破れ防止カバー』のご使用をお薦めします。

申し訳ございませんが、左右逆にはご使用いただけません。

現在、ブラウンのみトレーの別売りをご用意しています。

原料である針葉樹のニオイと、塗料のペンキとニスのニオイなので、時間経過とともにニオイは薄くなります。特に害になるものではございませんので、通気性の良いところにしばらく置いてください。

左右の側面板が上下逆さまになっていないかどうか、側面と前後面の組み立てが歪んでいないかを確認してください。また、底板の位置の前後を変えてみてください。組み立て方のコツとしては、それぞれのネジを一個ずつ強く締めていくのではなく、まず全体的に仮止め程度に組み立ててお き、順番にネジを締めていくとバランスよく組み立てる事ができます。

ワンちゃんが口にするものなので、接着剤を使用していないタイプの笛を採用しています。そのため特定の部分を噛むと壊れてしまうポイントがあります。できる限りワンちゃんが噛みにくい部位になるようにしているのですが、ワンちゃんには狩猟本能があるため、弱点を探し出し覚えてしまう子がおられます。連続し て壊してしまう場合は急所を覚えておられる可能性があるため、しばらくご使用をお控えください。

トウモロコシが主原料なので、小さな破片になれば消化してしまうので大丈夫です。ただし、非常に固いものなので、幼犬や老犬、消化器官の弱い子はできる限りたべないようにしてください。特に1年未満の子は噛むだけにしてください。カロリーは一般的にトウモロコシデンプンには100gあたり354kcalあるとされていますが、本品は吸収しづらくなっているため、ほとんど吸収されずに排出されます。

パッケージ表示の燃焼時間は無風状態でのテスト結果です。風などの環境条件によって異なります。空気の流れのある場所では燃焼時間は短くなります。

申し訳ございませんがメーカーでは返品交換は承っておりませんので、お買い求めになられる前に必ずワンちゃんのサイズを測ってからお買い求めください。

ペット用蚊取り線香については、以前に伝言板で述べたとおりです。殺虫成分が入っているので大量に吸い込むと、あまりよくありません。なるべく直接吸い込まないようなところに置くようにして下さい。(例:犬舎の中では無く、その周辺に置く。)
また、ワンちゃんが線香を食べてしまわないように注意してください。お腹をこわしたり、最悪の場合死んでしまうこともあります。

基本的には約6ヶ月が目安ですが、使用状況によって傷みの度合いが違うので、早めの交換をお勧めします。また、引紐での係留は切断等の事故の原因になりますので、絶対にしないでください。

特に絶対これでなければいけないという事ではないのですが、一般的に丸首輪は長毛犬に向いています。平首輪に比べ、首輪との摩擦によって被毛が痛むのが少ないようです。
首輪の選び方で一番大切なのはワンちゃんの体重です。首回りサイズが合っていても、適応体重をオーバーしていると切断等の事故の原因になります。必ず体重を確かめてから買うようにしましょう。
適応体重以内でも、力の強いワンちゃんにはワンサイズ上を使用することがお勧めです。
また、ハーネスは散歩専用です。係留時には首輪でつなぐようにしてください。

木が主原料なので、土に埋めると分解され、堆肥になります。

ペットの遊び方や習性・噛む力によっては、破損したり、破片を飲み込もうとしたりする場合がありますのでお勧めできません。必ず飼い主さまの目の届く場所で使用し、万一破損した場合はすぐに取り上げてください。

一般的に犬が突発的に引っ張る力は体重に比例するといわれています。ペティオの首輪やリードは全て体重に合わせて強度試験を実施し、製品化しています。まずワンちゃん安全のために体重に合わせた商品を優先してお選びください。

お散歩用の紐には係留使用に耐える強度はありません。係留に使用しますと強い負荷が掛かり早期破損の原因になります。また、噛み切りや日常的な摩擦や引っ張りによる破損などの原因になるため、お散歩用のリードでの係留は絶対にしないでください。
一時的な係留(ドッグカフェなど)に使用いただくものもありますが、これも一時的な係留のみのものであり、長時間または常時係留をされる場合はワイヤーチェーンなどの係留に適した専用のリードをご使用ください。また、安全のために破損などないか定期的に点検を行ってください。

健康について

体調が悪い原因を調べることが必要です。獣医さんに受診して決めて下さい。

強いて特別な食事にする必要はありませんが、栄養価の高いものを食べさせるようにしてください。
出産後はカルシウム等が不足しがちになるので、その点にも気をつけて下さい。
この時期の食事の内容は大切ですので、獣医さんに相談しながら与えるのがベストです。また、妊娠中は太りすぎないよう注意してください。軽い運動を時間的には長くする事が必要です。

なります。犬用の入れ歯もあるぐらいです。しかし、それよりも歯垢や歯石がたまることによって発生する歯周病の方がワンちゃんには多いです。予防策としては、できるだけ頻繁に歯みがきをしてやるようにしてください。また、なるべく固いものを普段から多く噛ませるようにして、唾液を多く出すことによって歯石 がたまらないようにする事です。

イヌやネコは汗腺が未発達なので、ヒトに比べると暑さが苦手と言えるでしょう。もちろん、彼らも夏が近づくにつれ蓄えた脂肪を少なくする為に食事量を減らしたり、換毛といって冬用から夏用の被毛に衣替えをして自己管理につとめます。そのため、日頃の行動が元気ならば、夏に向けて食欲が多少落ちたり、被毛が 抜け落ちたりすることがあっても、特に心配する必要がないことの方が多いでしょう。 熱射病は熱中症ともいわれているように、高温環境の中に長時間いることで熱放散が不充分になったり、激しい運動をすること等により体温が上昇しすぎておこる症状です。
また後頭部などが太陽の直射を受けることで脳内の温度が上昇し、体温中枢の機能が低下することにより起こるものを特に日射病といいます。どちらの場合も症状としては、元気がなくなる、不安な表情になる、あえぐ、心拍数が増加する、多量のよだれが出る、などがみられます。この時、体の深部体温は42度から43度くらいになっていると考えられますので、これらの症状がみられた場合はできるだけ早く全身冷却で体温を下げてやる(39度位になるまで水浴など)ことが大切です。そして水分は冷たいものを欲しがるだけ飲ませること、そしてヒト用の下熱剤は絶対に与えないことなどを守って、すぐに動物病院で診察してもらってください。(参考:ペティオマガジン2001夏号)

夏はヒトやペットの体力を消耗させ、普段ではわずらうことのない病気もわずらってしまいます。病気にかかりやすいか、かかりにくいかの差は遺伝的な支配も受けていますが、健康状態を左右するストレスや栄養バランスなどが大きく関係しています。夏場に健全な体力を維持するためには三大栄養素(タンパク質、脂 肪、糖質)が必要なことはもちろん、この三大栄養素をエネルギーに換えるためには微量栄養素とよばれるビタミンやミネラルが不可欠です。
特に夏の暑い時期や、激しい運動をするときはエネルギーをたくさん放出しますので、ビタミンB群(特にB1)の働きが大切で、これが不足するとエネルギー不足、すなわち疲労の原因になるといわれています。
また蓄肉の肝臓はビタミンB群を全般的に補給するのに適しています。
夏バテ気味のペットに、ペティオの極上牛レバーなどを一度試してみてはいかがでしょう?(参考:ペティオマガジン2001夏号)

狂牛病QA

狂牛病についての不安がペット用食品にも広まっています。未だ関係省庁が具体的な対策を示さぬ中、ペティオとしても確固たる指針が出せない状況では有りますが、QA形式でペティオの狂牛病に対しての現時点での考え方を簡単では有りますが、ユーザーの皆様にご説明いたします。

ペティオの犬猫用の食品に関しては『肉骨粉』は一切含まれておりません。ペティオの食品の一部に含まれているのは『牛骨粉』です。

『肉骨粉』には牛のタンパク質成分が含まれており、狂牛病に罹患した牛を使用した場合、狂牛病の病原体と言われる異常プリオンが存在する可能性があります。『牛骨粉』は、文字通り牛骨を1000℃以上で1時間以上熱処理したもので(いわゆる灰の状態です)、成分はカルシウムや他のミネラル等でタンパク質は全て焼け落ちてしまいます。従って『牛骨粉』にはタンパク質は(勿論、異常プリオンも)含まれません。

犬猫は人間以上にカルシウムや他のミネラルを必要としています。その為、通常の畜肉に含まれているミネラル分だけでは不足しがちになります。『牛骨粉』には必要なミネラルがバランスよく含まれており、犬猫の体に取り込み易いと考えられますので健康の為、添加しています。

ペティオの犬猫用の食品に関しては『肉骨粉』は一切含まれておりません。ペティオの食品の一部に含まれているのは『牛骨粉』です。

狂牛病の感染経路ははっきりと解明できたわけでは有りませんが、配合飼料に使われた肉骨粉よるものと伝えられています。農水省は英国・EUのデータを基に して、脳・脊髄・目玉・小腸(一部)に異常プリオンが蓄積しやすく危険であるとし、一方、牛乳・食用肉・皮などは安全であるとしています。ペティオの使用している肉は骨格筋(主にモモ肉)ですのでご安心ください。
勿論、狂牛病やその他疫病に罹った蓄肉は使用しませんし、その他の素材に関しても万全の衛生管理の下、生産をしております。

次の2点から安全とされますので御安心ください
1.原料の仔牛あばらは、狂牛病汚染国でないオーストラリアとニュージーランドから冷凍輸入し国内の専用工場で加工しています。
2.1ヵ月未満の子牛あばらを使用しております。仔牛は異常プリオンタンパク質の蓄積はないとされてます。
この件に関してのご質問は弊社お客様相談室 Hinshitsu@petio.com まで。

注:このページを株式会社ヤマヒサに無断でコピー・引用・変更することを禁じます。
※肉骨粉=狂牛病では有りません。狂牛病に罹った牛の肉骨粉のみが異常プリオンを含む可能性が有ります。

(参考)狂牛病関連リンク
★農林水産省 http://www.maff.go.jp/
★厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

椎間板ヘルニアについて

ドクターペティオ(獣医師 丸先生)に伺いました。

基本的には胴長の体型では椎間板ヘルニアを誘発し易いと考えられます。原因はいろいろ考えられますが、この種の犬では特に肥満は大敵です。

脊椎の椎間板に何等かの無理な力が働き変形して、結果、神経を圧迫することで起こりますので、背骨に無理な力がかからないように注意することです。
■日頃、ダイエットと適度な運動をすること■
ダイエットには背骨に無理な負荷をかけないことにつながります。又、適度な運動は背骨を支える周囲の筋力を鍛えることに有効です。

疼痛があるので歩行を好みません。
特に後肢の歩き方がおかしく、ヨタヨタ歩きになります。ひどくなると後半身が麻痺して排尿・排便が苦痛になり、失禁をともなうことがあります。

鎮痛剤、ビタミンB群剤の投与。温熱療法、マッサージ、針、レーザー治療等種々ありますが、いずれも対症療法ですから症状の緩和は期待できますが、完治するかどうかは病状により異なります。手術も上手くいくとは限りません。

残念ながら、症状により様々なので、治療期間・費用については明言できません。(行き付けの獣医師さんに治療方針を相談しながら、治療期間・費用等をお聞きすることをおすすめします。 注:この括弧内はマスタが書込み)

ノミダニ フィラリアの駆除について

最近の予防薬についてドクターペティオ(獣医師 丸先生)に伺いました。

ノミについては、錠剤とスポット・オン・タイプがあります。
種々のメーカーより発売されていますが、間隔は1ヶ月が多いようです。
ノミとダニの両方を駆除できる優れた薬もあります。
これは、スポット・オン・タイプです。本剤はノミの駆除だけを目的にするのであれば、2ヶ月間隔で十分ですが、ノミとダニの両方を駆除する為には1ヶ月間隔となります。
ノミについては、最近冬でも暖房等で暖かいですので、駆除薬は1年中使用するのが良いでしょう。
獣医さんで購入される薬は効果がはっきりしていますが、市販の駆除剤の効果は私(注:獣医師 丸先生)にはよくわかりません。

フィラリア予防薬としては、注射(最近はあまり使われない)、錠剤、ジャーキータイプ、スポット・オン・タイプがあります。
通常は1ヶ月間隔です。3ヶ月、6ヶ月というのもありますが、これを使う場合は獣医さんとよく相談してからにしてください。
最近、スポット・オン・タイプで、フィラリアとノミを同時に駆除するという新商品も登場しています。

その他

はい、可能です。お電話または、公式オンラインショップをご利用ください。

■フリーダイヤル:0120-133-035
(受付時間 平日(土日祝日除く)午前9:00~12:00/午後1:00~5:00)

■ペティオ公式オンラインショップ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/petio-online-shop/