Contentsお役立ち情報

犬の飼い方・しつけ方

はじめて、犬と暮らし始める人へ
初めてのペットライフを応援!
犬 編

1. 犬を迎える心構え

犬の寿命は犬種によってもさまざまですが、健康で安全な環境だと比較的長く家族として暮らせる動物です。犬を飼うということは、その犬の面倒を一生みるということ。食事はもちろん、散歩や排泄の処理、しつけ、安全管理、病気の予防などすべてが命を預かる飼い主の責任です。

5年後、10年後の散歩などの生活シーンを想像してみてください。犬と暮らす毎日はとても素敵なものですが、犬を理解せずに飼いはじめると悲劇がおこる場合があります。飼う前にきちんと情報を集めて検討してください。

犬を飼えなくなる主なケース

2. 犬に出会う方法

犬の入手には、ペットショップやブリーダーから購入する、一般家庭で生まれた子犬を譲り受ける、動物保護施設から引き取るなどの方法があります。

純血種の子犬を入手するなら、信頼のおけるプロのブリーダーから購入し、親兄弟の犬たちとふれあいの時間をたっぷり持たせ、生後8週間(約2ヶ月)ぐらいの時期に引き取るのがおすすめです。しかし、なかには犬を命ではなくモノとして扱う悪質な業者がいるのも事実。衝動買いをせずにじっくり調べて、実際に足を運んで決めましょう。

犬の主な入手先と注意点

ペットショップ

早い時期に親犬や兄弟犬から引き離されている場合や長期間展示されている子犬は、社会経験が不足している場合もあります。スタッフに飼育期間や飼育環境などを確認し、病気予防など健康管理も万全なところを選びましょう

ブリーダー

子犬の健康に気遣い愛情をもって接しているのはもちろん、食事とトイレの場所が区別された清潔な環境であり、親犬や兄弟犬、さまざまな人間とも接触する機会が多いところを選びましょう。さらに、親犬の性格が良く病気予防など健康管理も万全なところがおすすめです。なかには劣悪な環境で飼育する営利目的で大量生産タイプのブリーダーもいるので注意しましょう

動物愛護施設

施設によっては、スタッフがあなたのライフスタイルや生活環境に合う犬をアドバイスしてくれます。譲渡には、去勢・避妊やしつけ講習会参加などの条件がある場合が多くなっています。犬によっては精神的に不安定な場合や保護生活が長いと新しい環境に慣れにくい面などもあるので注意しましょう

里親募集

個人レベルのやりとりが中心になるので、譲渡条件などのトラブルのないように確認を。提示されている内容だけでなく、実際の子犬を見て、飼育環境や飼育状態など納得できるかどうか判断しましょう

3. 犬を選ぶ時の注意点

自分たちの望むベットライフを想像して、それに合った犬を選ぶことが第一です。例えば、ドッグスポーツを楽しみたいならば、活動性の高い犬種を。もちろん、飼い主側も犬に十分な運動をさせる時間と体力が必要になります。

また、集合住宅や住宅密集地で飼うのならば、テリトリー意識が強くなく、あまり吠えない犬種が良いかもしれません。純血種は人間が目的をもって作り出しているので、犬種にそれぞれ特性があります。ルックスだけにとらわれず、長所と短所を理解した上で犬種を決めましょう。また、同じ犬種でも子犬によって支配的なタイプやひっこみ思案など性格はさまざま。極端な性格でない方が初心者にはおすすめです。

事前に調べておこう!純血種の場合

その犬種に必要な運動量は?

成犬になった時を想定してその運動時間をちゃんと持てるのか考えておきましょう

その犬種のルーツや特性は?

純血種は犬種のルーツによって特性が異なります

その犬種に必要な運動量は?

純血種の場合、犬種によって多発する遺伝性疾患を多く持つことがあります。その病気についても調べておき、予防や対策の知識は事前に持っておきましょう

<コリーなどの牧羊犬>
牧場で家畜の群れを誘導する役目がルーツ。走ることや周囲の状況に目を行き届かせることが得意です
<テリアなどの小型獣用の猟犬>
獲物を巣穴に追いつめて大声で知らせる役目がルーツ。根気強く、大きな声で吠える習性があります
<レトリバーなどの鳥猟犬>
人間が撃った獲物を取りに行く役目がルーツ。物を運ぶのを得意とします

事前に調べておこう!雑種(MIX)の場合

親がわかる場合はその特性もチェック

両親がわからない雑種の場合は、どんな成犬になるのかもわかりません。体格なども予測がつきにくいため、どのサイズになっても対応するおおらかな気持ちが大切です。また、最近では小型犬同士のMIXも増えています。両親がわかる場合は、両方の犬種の特性を調べておきましょう。

4. 子犬を迎える準備をしよう

新しい家族になる犬が決定したら、家に迎える日までに生活できるようにペット用品を揃えておきましょう。犬の成長は早いので、あらかじめ成犬になった場合も使えるサイズのものを用意しておくと経済的ですが、首輪やハウス(クレート)などは、その時の大きさに合ったものを使用するのがオススメです。

犬はなるべく家族(=人間)といっしょにいたい動物なので、家族が集まるリビングなど自由にさせる部屋を限定して、ペット用品をセットしておくと便利です。また犬はお落ち着いた環境で眠り、出口に近いところで排せつする傾向があるので、その部屋の奥に寝る場所となるハウスを設置し、入り口近くにトイレを用意するのがおすすめです。

準備しておきたい環境とグッズ

トイレ、ペーパー、フードと器などを用意

以前使用していたペットシーツやフードがわかる場合は、同じ製品から使い始めると子犬も慣れているので安心です
トイレをしっかり教えようへ
食事にルールを作ろうへ

子犬の寝床となる専用スペースを作る

ケージやクレートを用意し、母犬や兄弟犬のにおいのついたタオルを入れておくと安心です
新しい環境に慣れさせるのが第一へ

犬用のおもちゃを用意

子犬が喜ぶ、咬むための安全なおもちゃを用意しておきましょう
遊んであげよう!へ

危険なものに対策する

電気コードや薬品類、観葉植物など、口にしたり、いたずらされる困るものは、事前に片付けておくなどの対策をとっておきましょう

木製の家具にも対策を

木製の椅子やテーブルの脚、タンスの角などは、子犬がかじる可能性があります。それを避けたいのであれば、事前に子犬が嫌う味のかじり防止スプレーをかけておきましょう
甘咬(か)み・破壊対策をしようへ

【ひとことポイント】
室内飼い?それとも外飼い?「犬は飼い主家族と共にいるのが自然です」
もともと犬は群れのなかで暮らす動物なので、室内犬や外飼い向きの犬種というのはなく、皆、飼い主家族と一緒にいることが最も自然な状態です。犬は、飼い主家族と同じ屋根の下に住み、いっしょに外出することを望んでいると考えてください。それに人間と同じように、犬にも安心して眠れる場所が必要です。外だと夜中に見知らぬ人が通ったり、不審な物音がする度に緊張します。 実際、屋外で長時間繋がれて生活する犬は、寂しさや不安、退屈、運動不足からよく吠え、モノを壊し、攻撃的になりやすい傾向があります。さらに室内で暮らす犬の方が家族と接する時間が多くなるので、コミュニケーションがとりやすく、しつけもうまくいき、体調の変化にも早く気がつくはず。結果的に、室内飼いの方が犬との生活から得られる楽しみも大きくなると思います。
SHARE