Contentsお役立ち情報

犬の健康チェック

ワンちゃんの健康が気になる方へ
ペットの「健康で楽しい生活」を応援!
犬 編

愛するペットはいつも健康でいてほしいもの。
そのためには飼い主のケアはもちろん、病気の早期発見や予防が重要になります。
スキンシップをしながら愛犬の身体をチェックしたり、散歩や日常生活のようすを観察してみましょう。
下記を参考に定期的なチェックをして、健康管理に役立ててください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

家庭でできる犬の健康チェック

めくって、ニオイをたしかめ、耳の中を覗いてみましょう。

ニオイがある
ニオイがある
耳が汚れている
耳が汚れている
傷などがある
傷などがある
耳をかゆがる
耳をかゆがる

ニオイ・汚れ
犬にかゆがる様子がなく少しニオイがする、少しの耳アカ程度ならば、洗浄液を使って犬の耳をキレイにして観察しましょう。洗浄すれば菌の繁殖を押さえて、外耳炎の予防になります。
しかし下記のような状態は、すでに外耳炎、もしくは他の耳の病気になっている可能性があるので、獣医師の診察を受けてください。
耳の洗浄方法はこちら

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

外耳炎は、ダニなどの寄生虫や真菌などのカビや細菌、アレルギー、掻き傷などによっても発生します。放っておくと、中耳炎や内耳炎にもなり、鼓膜を破損する恐れもあり、聴力に障害が出たり、時には神経症状を発症することもありますので、早めに診察を受けるのがオススメです。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

赤くなっていないか、左右の目を比べてみたり、涙や目やにもチェックしましょう

目ヤニが出ている
目ヤニが出ている
涙が出ている
涙が出ている
目をしょぼしょぼさせている
目をしょぼしょぼさせている
目をかゆがる
目をかゆがる
白目が赤い
白目が赤い

赤い・流涙
目ヤニは、起きた後に少し出る程度ならば正常です。健康な状態でも、ほこりやまつげなどが目に入って一時的に涙が出て、目ヤニが多く出る場合がありますが、その時は目薬(犬猫用目薬、または、人間用の防腐剤等の含まれていない人工涙液タイプの目薬)で洗い流して、丁寧に涙をふいて様子をみてください。しかし、下記のような状態は、結膜炎、角膜炎、流涙症(りゅうるいしょう)などになっている可能性があるので、獣医師に診てもらいましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

結膜炎は、細菌やウイルス、寄生虫の感染、アレルギーなどの体質的な問題も考えられます。また、角膜炎はシャンプーが目に入って掻いてしまったなどで起こることも。流涙症は、涙の管の異常なので、目の専門獣医に相談するのがオススメです。また、目の病気以外でも赤くなる場合があるので、複合症状がないか注意しましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

左右の目の大きさが違う
左右の目の大きさが違う
左右の目の色が違う(オッドアイを除く)
左右の目の色が違う(オッドアイを除く)
瞳が濁っているようだ
瞳が濁っているようだ
目をひどく痛がる
目をひどく痛がる
目が見えていない
目が見えていない

濁り・左右非対称
左右の目を比べて、目や瞳の大きさが違って見えたり、濁っていたりする状態は、目になんらかの異常があると考えられます。よくモノにぶつかったり、瞳が白く濁っているなら白内障、目が飛び出した感じだと緑内障など、視力にかかわる病気の可能性があります。うまれつきではなく、下記の症状が出てきたのなら、できるだけ獣医師の診察をうけてください。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

緑内障は、急性症状が出ると一晩で失明する危険な病気です。一刻も早く、動物病院の診察を受けてください。また、年に一度眼圧検査でも発見できるので、定期健康診断で眼圧検査も受けるようにするのがオススメです。白内障は高齢犬に多いですが、若齢犬でも発生するので、怪しいと感じたら獣医師に相談してください。
また、様々な病気の一つの症状として、目に障害が現れることがあります。目以外にほかの徴候がないかどうかをよく観察してください。目の病気は長引くと、視力に障害をきたすことがあります。目の異常に気づいたら出来る限り早く獣医師の診察を受けてください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

口をあけて、歯石やニオイ、歯茎の色をチェックしましょう。

ニオイがする
ニオイがする
歯垢がついている
歯垢がついている
歯茎が赤い
歯茎が赤い

ニオイ・歯石
口から少しニオイがする、歯垢がついている程度の状態なら、歯磨きを行うことで、口の中の状態を健康に保ち、歯周病を防ぐことができます。まずは、愛犬を慣らして、毎日歯磨きするのがオススメです。
しかし、しっかりと歯石がついていたり、不快なニオイがある場合は、歯周病になっている可能性があります。また、歯茎が赤い場合は、歯肉炎、口内炎や腫瘍なども考えられるので、早めに動物病院で診てもらいましょう。また、歯石などがないのに、口から異臭がする場合は、肝臓や腎臓に異常も考えられます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

常に歯磨きを行っているのに、口臭がひどい場合は、歯周病以外の内蔵などの病気が考えられるので、獣医師に診てもらいましょう。また、すでに歯石がたまっている場合は、歯科診療を行う動物病院で除去することができるので、相談してください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

よだれを垂らす
よだれを垂らす
食べ方がおかしい
食べ方がおかしい

よだれ
食事などおいしいものを目の前にした時に、よだれを垂らすのは、健康的な反応です。また、自動車に慣れていない犬が、車酔いをした時にも、よだれを垂らしますが、これも一時的なもので、車から降りておさまれば、問題はありません。
しかし、よだれの中には「流涎症(りゅうぜんしょう)」と呼ばれる、病気の兆候もあるので注意してください。原因としては、口内炎、舌炎、外傷、扁桃腺などで痛みをともなうことも考えられますが、誤飲誤食などで異物が口の中や食道、咽頭などで障害を起こしていることもあります。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

口の中に痛みがある場合は、食べ方がおかしくなったり、よだれを垂らすという症状が出やすくなります。その他の原因としては、混合ワクチンなどの予防接種を行っていない場合、狂犬病、ジステンパーなどの感染性の病気で、飲み込めない唾液が口の中から流れでることも考えられます。この他、有機リン剤の中毒などの可能性もあるので、よだれといっても軽視は禁物です。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

歯茎や舌の色がおかしい
歯茎や舌の色がおかしい

歯茎の色がおかしい
舌や歯茎、唇は粘膜部分にあたり、粘膜部分の色が全体に変化する原因は、いくつか考えられます。粘膜の色は、目の結膜部分でも確認できます。粘膜が青白い場合は、血液循環に支障をきたしているチアノーゼの可能性があり、呼吸障害や心臓障害も考えられ、深刻な状態です。粘膜部分が黄色っぽい場合は、黄疸かもしれません。また、歯茎の色が白っぽい時は、貧血の可能性もあります。どちらにしろできるだけ早く獣医師の診察を受けてくだい。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

舌や歯茎、唇などの口の中の粘膜の正常な色はピンクです。しかし、部分的に黒っぽくなることがありますが、それは色素沈着であって異常ではありません。愛犬が普段の健康でいる状態の色を把握していると、異常があった時に、気づきやすくなります。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

鼻と息

咳やくしゃみがでていないか、呼吸は正常かなど落ち着いている状態で様子をみましょう。

鼻水が出ている
鼻水が出ている
くしゃみをする
くしゃみをする
咳をする
咳をする
熱がある
熱がある
鼻が変形する
鼻が変形する

くしゃみ・鼻水・咳
くしゃみや咳なども単発性のもので、その後元気に過ごし食欲もあるのなら、そのまま様子を観察しましょう。しかし、くしゃみを繰り返す、頻繁に咳をする、たくさん鼻水が出ている場合は、感染性の疾患や、呼吸器系の疾患、アレルギー、鼻腔内異物、腫瘍、歯の疾患など、さまざまな病気が考えられるので、下記のような場合は、獣医師に診てもらいましょう。また、心臓病などで咳が出ることもあります。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

人間の風邪に似た症状ですが、犬ジステンパーや犬伝染性気管・気管支炎(ケンネル・コフ)の場合、放置していると死に至る危険もあります。どちらも、混合ワクチンの接種で予防できるので、年1回の接種をオススメします。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

舌が出たままで息があがる
舌が出たままで息があがる
舌がでたままぐったりしている
舌がでたままぐったりしている
涼しい場所なのにハァハァしている
涼しい場所なのにハァハァしている

息があがる
運動など、激しく体を動かした後に、息があがるのは当然です。口をあけて、ハァハァするのは、水分の蒸発と放熱を行っているからで、水分補給をして、しばらくすると落ち着くのが一般的です。しかし、熱中症などの場合は、すぐに対策が必要ですし、思い当たる節がないのに息が荒い、舌や唇の色がおかしい、ヒューヒューゼーゼーなどの呼吸の音が聞こえる場合は、何らかの病気が疑われます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

高温の環境にいて、熱中症が疑われる場合は死に至る場合もありますので、まず体を冷やし、出来るだけ速やかに動物病院で診察をうけてください。特に短頭種(パグやシー・ズーなど)と言われる犬種では注意が必要です。その他、呼吸が苦しくなる病気には、鼻や咽頭の病気、感染病、気管・肺などの病気、心臓病なども考えられます。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

体全体をやさしくなでながら、腫れやしこり、イボなどがないかチェックしましょう。

おなかが膨らんでいる
おなかが膨らんでいる

おなかが膨らむ
おなかが膨れていても、明らかな食べ過ぎの場合は、一時的なもので、時間がたてば元にもどります。しかし、それ以外の場合は病気のサインかもしれません。おなかが膨らむ原因には、臓器そのものが大きくなっている場合があり、胃拡張胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん)や腹腔内腫瘍(ふくくうないしゅよう)、雌の場合は子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)や子宮水腫(しきゅうすいしゅ)の可能性も考えられます。また、循環器疾患、泌尿器疾患や、肝疾患などで腹水が溜まっていたりすることもありますので、安易に考えず早めに動物病院で診てもらいましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

妊娠中や肥満の場合も、おなかが膨らみます。肥満の場合は、急病ではありませんが、糖尿病や椎間板ヘルニア、関節の病気などいろいろな疾患の原因になる可能性もあるので、注意が必要です。さらに、ただの肥満だと思って、おなかが腫れる別の病気を見過ごすこともあるので気をつけてください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

イボやホクロみたいなものを発見
イボやホクロみたいなものを発見
しこりを発見
しこりを発見

しこりやイボを発見
犬も高齢になると皮膚腫瘍ができやすくなります。特に乳腺にしこりがある場合は、乳腺腫瘍が疑われます。雌だけでなくまれに雄にも発生する病気なので、雄でも注意してください。また、ホクロやイボに見えるものの中には、マダニの吸着もあります。マダニは犬の体に吸着すると小豆大になり、無理やり取ると牙が残って炎症を起こす原因になるので、動物病院で除去してもらいましょう。さらに、マダニの場合は、犬の命に関わるバベシアと言う病気を媒介しますので、注意が必要です。新たなイボやホクロのようなものを見かけた場合も、念のため獣医師に診てもらうと安心です。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

マダニは予防薬である程度防ぐことができるので、ダニが活発に活動するシーズンは、予防薬を使用するのがオススメです。また、乳腺腫瘍は、犬にもっとも多くみられる腫瘍で、約50%が悪性腫瘍です。日頃から触って、しこりを早期発見することが重要になります。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

触ると嫌がる
触ると嫌がる
ある部分を触ると反応がおかしい
ある部分を触ると反応がおかしい

触ると嫌がる
普段は触っていても平気なのに、ある日突然、その場所を触ると逃げたり、怒るなど、嫌がるしぐさやいつもと違う反応を見せたのなら、その場所に痛みがあるかもしれません。まずは、外傷や腫れなどがないか確認しましょう。目に見えない場合でも、打撲などの怪我や関節炎、椎間板の病気、さらに内臓の病気も疑われます。特に背中を丸めて、じっとしていることが多い場合は、背骨や腹腔内に痛みがある可能性が高いので、速やかに動物病院で診察を受けましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

犬によっては、体を触られることが苦手で、痛みがなくても嫌がるタイプもいます。しかし、その状態だと病気の発見が遅れるだけでなく、仮に病気になったとしても、必要なケアができない場合があります。犬の苦手意識をなくすように、愛犬が喜ぶこととセットにして、「飼い主に体を触られると気持ちがいい。そして、いいことがある」と学習させ、飼い主が常に愛犬の体をスムーズに触れるようトレーニングしておくことがオススメです。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

アバラ骨がわからない
アバラ骨がわからない
骨がゴツゴツして肉が感じられない
骨がゴツゴツして肉が感じられない

肥満or痩せ過ぎ
愛犬の胸を触って、肉が付き過ぎてアバラ骨(肋骨)を捜さないとわからない状態や、背骨が触りにくい場合は、肥満です。また、逆に骨がゴツゴツして肉が感じられないのは痩せ過ぎです。どちらもそれ自体は病気ではありませんが、肥満の場合、糖尿病や呼吸・循環器の病気、肝臓の病気、脊椎や関節などの障害が起こりやすくなります。また、太ったように見えても、肥満ではなく全身がむくむ病気もあるので、皮膚を指で押してすぐにもとにもどらない「むくみ」が見られたら動物病院で診てもらいましょう。さらに急に痩せる、急に太るのも、なんらかの病気のサインだと考えられます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

定期的な体重測定は必ず行い肥満や痩せ過ぎに注意しましょう。同じ犬種であっても、理想体重には固体差があります。できれば動物病院で、その犬の理想体重を確認し、肥満の場合はそれに近づくよう摂取カロリーや消費カロリーの調整を行ってください。また、痩せている場合も病的な原因がないかを確認してもらいましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

皮膚・被毛

掻いたり舐めている箇所がないか。ブラッシングをしながら地肌の状態もチェックしましょう

耳や体をよく掻く
耳や体をよく掻く
毛に黒いゴマのようなものがついている
毛に黒いゴマのようなものがついている
ノミやダニがいた
ノミやダニがいた
掻きキズがある
掻きキズがある

かゆがるなど
掻くことが多いなど、かゆみを伴うしぐさを多くする場合は、ノミやダニなどの外部寄生虫の感染が疑われます。毛を開いて、黒いゴマのようなものがついている場合、それがノミの糞である可能性も。黒色の耳アカが多い場合は、耳ダニによる外耳炎かもしれません。また、疥癬や毛包虫と言われるダニや、細菌や真菌などの感染、アレルギーなど、ひどいかゆみを伴う皮膚病もあり、犬が爪を立てて掻くことにより、さらに皮膚を傷つけ、悪化する場合があります。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

外部寄生虫は、あらかじめ駆除する薬を使用することで、防ぐことができます。しかし、すでに感染している場合は、皮膚炎などを起こし、治療が必要な場合もあるので、動物病院で適切なアドバイスを受けてください。また、ノミやダニは人間にも感染しますので、出来るだけ早期の対策が必要です。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

毛がもつれている
毛がもつれている
毛がパサつく
毛がパサつく
毛が脂っぽくベトベトしている
毛が脂っぽくベトベトしている
体臭がある
体臭がある
フケがある
フケがある
湿疹がある
湿疹がある
皮膚が赤くなっている
皮膚が赤くなっている

湿疹・被毛がおかしい
犬の皮膚や被毛のケアで欠かせないのがブラッシング。特に、被毛が伸びるタイプの犬は根元からのブラッシングが必要です。毛がもつれたまま放置していると、被毛だけでなく皮膚にもダメージがあるので気をつけてください。また、いつも脂っぽくベトベトしている、独特の臭いがある、フケが多い場合は、脂漏症の可能性が。症状に適した薬用シャンプーなどで、ケアする必要があります。その他かゆみを伴う皮膚病には、細菌、真菌、寄生虫、アレルギー性疾患などがあり、原因もさまざまなので、治療方法も違ってきます。また、かゆみを伴わない左右対称の脱毛などは、ホルモン異常の可能性があります。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

足を洗った後、きちんと乾かさないで放置している場合、指の間に細菌や真菌、寄生虫が繁殖して炎症をおこすケースもあります。また、フードによるアレルギーや、シャンプーなどが合わなくて、皮膚に炎症がおきる場合もあるので、獣医師に相談し、早めに対策をとりましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

皮膚の色が黄色っぽい
皮膚の色が黄色っぽい
皮膚の色が紫色っぽい
皮膚の色が紫色っぽい

皮膚の色がおかしい
皮膚が青紫色や赤紫色になっていたら、皮下での出血が考えられます。事故などの打撲で色が変わる場合のほか、血液凝固に異常がある可能性も。また、皮膚の色が黄色く感じられる時は、白目の部分や歯茎なども、黄色っぽくないか確認してください。黄色っぽいならば、黄疸症状かも。至急動物病院で診てもらいましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

黄疸が疑われる場合は、症状が軽いと思われても、できるだけ早く診察を受けてください。黄疸が出るのは進行性の病気なので、少しでも早く治療をするのがオススメです。また、紫斑なども命に関わる病気の可能性もありますので、早急な診察、治療が必要です。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

飲食

食欲はあるのか、吐いたりしていないか。どれくらいの水の量を飲んでいるのかをきちんと把握しましょう。

食べない
食べない
食欲がない
食欲がない

食べない
食欲は健康のバロメーター。食事を全くしない時は、なんらかの病気にかかっているかもしれません。ただし、犬の性格によっては、飼育環境の変化など、ストレスによって食欲が減退する場合もあります。元気にしていて、下痢や嘔吐、咳など、他の症状がみられない成犬の場合は、1~2日様子を観察しましょう。また、鼻を近づけるなど、食べたそうにしているのに食べない時は、喉や口の中、鼻、脳などに障害があるかもしれません。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

引越しなどによる環境の変化、飼い主と接する時間の減少といったストレスが原因で、食欲が減退する場合もあります。日頃から愛犬にストレスを与えないよう工夫してあげてください。また、食べるけれど食事を残してしまう場合は、食事の量が多いだけかもしれません。あまり運動をしない日や、気温が高い時期は、エネルギーの消耗が少なく、必要なカロリーも少なくなります。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

水をたくさん飲む
水をたくさん飲む

多飲
激しい運動をした後に、水をたくさん飲むことがありますが、通常の状態で飲み水の量が増えていると感じたら、腎臓やホルモンの働きに異常があるかもしれません。多飲の場合、尿の量も増えていると思われます。この場合、糖尿病、クッシング症候群、慢性腎不全、肝不全、子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)などが考えられます。悪化すると他の症状も出て来ますが、多飲多尿の段階で発見できると、早期診断による治療ができ、病気の進行を遅らせることも可能です。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

できれば、与える水の量を決めて、その減り具合から、1日にどれくらい飲んでいるか把握しましょう。犬の体重1kgあたり100ml(体重5kgで500ml、体重10kgで1リットル)ほどの水を毎日飲んでいる場合は、多飲です(正常ならその半分ぐらいを飲みます)。尿量は1日通常体重1kgあたり20ml~45mlです。ただし脱水症状を起こさないよう、水は常に飲める状態にしておきましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

吐いた
吐いた

吐く
犬は比較的吐くことの多い動物です。一度だけ吐いた後、いつもと同様に元気があり、食欲もあるようなら、それほど問題はないと思われます。しかし、元気がない場合や、他の症状が見受けられるときは、病気の可能性が高いので注意が必要です。食道の障害(吐出)、消化器系、腎臓・泌尿器系の病気、混合ワクチンの接種をしていない場合は、感染症なども考えられます。また、異物の誤食による腸閉塞などもよくみられる病気です。この場合は早急な外科的摘出が必要になります。嘔吐はあらゆる病気の症状としてよくみられるものですので、継続するようであれば、動物病院での診察が不可欠です。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

獣医師の診察を受ける場合も、吐いた時間・回数・吐物の内容・愛犬の状態・その他の症状の有無などをきちんと伝えることが、診断の大切な手掛かりになります。また、元気も食欲もあるけれど、食べてすぐに吐く、頑固な嘔吐が続く場合は、胃の中に異物が入っている可能性があります。元気にしていても至急動物病院で診てもらいましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

排せつ

毎日の便の回数や状態、尿の回数や量、色をチェックしましょう。

下痢や軟便
下痢や軟便

下痢
下痢や軟便だからといって、病気とは限りません。牛乳を飲んで下痢をする犬もいますし、フードを急に切り替えた時や、アレルギーやストレスで下痢をする場合もあります。しかし、体力のない子犬や高齢犬の急性の下痢が悪化した場合、死亡することもあるのであなどらないでください。子犬や高齢犬の下痢は、早めに診察を受けましょう。元気があり活発で食欲もある成犬の一時的な下痢や軟便は、多くの場合ゴミ箱をあさったり、何かおかしなものを食べたり、飲んだりした場合も多いので、少し様子を観察して判断してください。ただし、続く場合や他の症状がある時は、獣医師に診てもらいましょう。また、慢性的な軟便で、痩せてくるような場合も動物病院での診察は不可欠です。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

急性の下痢は、寄生虫や細菌、ウイルスの感染や、中毒などが考えられます。また、慢性の場合は、腸炎や腸閉塞、胃や腸の腫瘍、膵炎など、さまざまな病気が疑われます。拾い食い、誤飲誤食が原因になることもあるので、飼い主が愛犬の口にするものを管理することも大切です。また、寄生虫感染により便に虫が出てくることもありますので、便を注意深く観察してあげてください。それとともに定期的な便検査や駆虫処置がすすめられます。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

便秘
便秘
しぶり(便が出にくい)
しぶり(便が出にくい)

便秘
便秘とは、排便の時に強くいきまないと便が出にくい状態で、出た便も硬く乾燥しています。便秘が続く場合は、病気の可能性もあります。少しずつでも排便するなら、一過性のものかもしれないので観察を。しかし、便秘が続くもしくは、全く排便しない状態なら、大腸の病気、泌尿器・生殖器疾患、神経障害、代謝・内分泌、外傷などの病気かもしれません。また、便意があり、排便のスタイルをするのに、排せつしない「しぶり」状態は、便秘だけでなく、排尿障害の可能性もあります。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

便の回数は、1日1~3回なら正常ですが、固体差があるので、普段の健康な状態の排便回数を把握しておきましょう。そして、便の回数が減ったら、他の異常がないか、気をつけて愛犬をよく観察してください。また、便秘だからといって、自己判断で浣腸するのは危険です。排尿障害の場合もあるので、必ず獣医師の指示にしたがってください。去勢をしていない高齢の雄犬には排便障害、排尿障害を伴う疾患が多く発生しますので、定期的な健康診断をオススメします。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

オシッコの色がおかしい
オシッコの色がおかしい
オシッコの量が多い
オシッコの量が多い

多尿、尿の色がおかしい
室内にトイレを設置すると、オシッコの量や色、状態なども観察できます。尿の色が薄ければ、多尿になっているかもれません。水を飲む量もチェック( 飲食「多飲」 を参照してください)して、多飲多尿ならば、病気の可能性があります。また、尿がベタベタしていたら糖尿病かもしれません。さらに、赤っぽい褐色、オレンジ、醤油のような色に見える尿は、血尿、ヘモグロビン尿、濃い黄色はビリルビン尿と呼ばれる病気の可能性があります。また、排尿姿勢を何度もとるが、わずかしか尿が出ない場合は、排尿障害や炎症にともなう残尿感による、頻尿も考えられますので、早めの診察が望まれます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

尿が赤や褐色の場合、膀胱や前立腺(去勢していない雄犬)からの出血(血尿)や、タマネギ中毒やフィラリア、免疫性溶血性貧血(ヘモグロビン尿)などが考えられます。また、マダニにくわれた経験があるのなら、バベシアの可能性も。尿が濃い黄色の場合は黄疸によるビリルビン尿が疑われますので、結膜や口腔粘膜の色をチェックしてあげてください。命に関わる病気もあるので、ペットの尿の色は、常に把握しておきましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

オシッコが出ない
オシッコが出ない
オシッコが出にくい
オシッコが出にくい
何度もトイレに行く
何度もトイレに行く

尿が出ない
排尿回数には固体差がありますが、尿を全くしない、オシッコをするポーズをするのに、出にくくなっていることに気がついたら、早めの受診が肝心です。なかでも丸1日尿が出ていない場合は、急いで動物病院へ。3日間排尿がないと尿毒症で死にいたることもあります。尿は、腎臓で作られ膀胱にたまり、尿道を通って排せつされます。排尿が困難な場合は、腫瘍や結石、前立腺の異常・ヘルニア(未去勢の高齢雄犬)などの病気が考えられます。また、膀胱炎になると残尿感から、ずっと排尿姿勢をとることもあります。腎不全を発症すると尿がまったく生産されなくなる場合もあり、数日で命に関わる状態にすすむこともありえます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

愛犬が毎日排尿しているかどうか、飼い主はきちんと把握しておきましょう。結石は、雌でも形成されますが、特に雄は尿道が細長いために閉塞をおこし排尿困難になりやすいようです。尿の出方も、観察するように心掛けてください。とにかく丸1日排尿がない場合は早急に動物病院で診察を受けて下さい。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

行動

下記のような気になる行動はないですか

立てない
立てない
ぐったりしている
ぐったりしている
ケイレンする
ケイレンする

立てない、ケイレン
意識が低下し、立ち上がって体を動かすことができない状態は、生命に危険が迫っています。脳疾患、代謝性の疾患、心臓・循環器・呼吸器・腎臓・肝臓の疾患のほか、感染症や薬物中毒なども考えられ、緊急の処置が必要です。また、ケイレンは、テンカン、有機リン中毒、低カルシウム血症、脳疾患、腎・肝疾患などが疑われます。どちらにしろ、早急に獣医師の診察を受けましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

意識が低下している、ケイレンが起こっているのは、どちらも緊急疾患と考えてください。また、家の中でも怪我をしてしまうことがあるので、犬の安全を考えて、ぶつかるものがないように配慮をしてください。動物病院へ連れていく時も、安全に気をつけ、目を離さないように注意深く見守ってください。また、連れて行くことが困難な時は、動物病院に相談を。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

疲れやすい
疲れやすい
元気がない
元気がない
運動をいやがる
運動をいやがる
散歩中に歩くのをやめる
散歩中に歩くのをやめる

元気がない
犬は基本的に、食事と散歩が大好きな動物です。しかし、好きなはずの散歩中に歩くのをやめてしまったり、誘っても運動を嫌がったり、すぐにバテてしまう場合は、持続的な肉体運動に耐えられない、循環器や呼吸器の病気かもしれません。骨や関節の病気、貧血、ホルモン異常の場合もあります。疲れやすいのは高齢のせいだと決めつけて、重大な病気を見逃すこともあるので気をつけましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

犬の生活に毎日の散歩は欠かせませんが、運動を嫌がる場合は、病気かもしれないので強制しないことが大切です。特に高齢になると心臓の弁の病気になることがあり、散歩中に立ち止まることで、異常に気がつくことが多くあります。ただし、社会化不足で若い頃から散歩を嫌がる犬の場合、発見しにくくなる難点が。また、肥満犬の場合、脚に負担がかかり、運動を嫌がることもあるようです。このような症状で動物病院の診察を受ける場合は、急性症状なのか、徐々に進行してきたものなのかが診断には重要になるので、日頃から愛犬をよく観察してあげてください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

動作がぎこちない
動作がぎこちない
頭が傾いている
頭が傾いている

頭が傾く
犬の意識がしっかりしているのに、なんとなく動きがぎこちない…、それは神経のバランスに異常があるのかもしれません。まっすぐに歩けなくて曲がってしまう、頭が傾いているといった不自然な動きがあるなら、運動失調症の可能性があります。特に多いのは、前庭性の運動失調症で、内耳の内部にある平衡感覚を司るところの障害です。特に高齢犬に多く見られます。また、視力障害などの可能性も十分考えられますし、脳障害や、中毒、感染症なども考えられます。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

前庭は、頭や目、体幹を重力に対して正しい位置に保つ機能を果たしています。前庭に疾患がある場合は、障害がある方向に頭が傾いたり、グルグル回り続けることがあります。外耳炎に続発したり、特発性(原因不明)の場合も多く、治療を受けずに放っておくと、症状が進行することがあるので注意してください。日常生活が通常にできなくなった場合は、必ず動物病院での診察を受けましょう。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

歩き方がおかしい
歩き方がおかしい
足をかばう
足をかばう
足を引きずる
足を引きずる
足をなめる
足をなめる

歩き方がおかしい
犬の歩き方がおかしい時は、足に痛みがある可能性があります。爪が割れた、肉球に傷がある、何かが刺さるといった外傷のほか、皮膚病、骨折や脱きゅうなど、骨や関節、靭帯、筋肉の障害も考えられます。まずは、4本のうちどの足をかばっているのか観察してください。家でリラックスしている時に、気にしている足をなめることもあります。肉球や爪などに異常がないか、よく確認しましょう。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

犬はストレスによっても、足をなめたりします。特にさみしがりの犬は、ひとりになった時に手足をなめ、それが原因で炎症に発展する場合もあります。また、足を洗った後、きちんと乾かさないで放置していると、指の間に細菌が繁殖して炎症がおこるケースもあります。足をあげたままで地面に降ろさない場合は必ず動物病院での診察を受けてください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

よくモノにぶつかる
よくモノにぶつかる
吠え続ける
吠え続ける
声がおかしい
声がおかしい
奇声を発する
奇声を発する

異常行動
家の中にいてよくぶつかる場合は、視力に問題がある場合や平衡感覚の障害、認知症などの脳障害も考えられます。特に高齢犬で徘徊したり、奇声を発したり、夜吠え続けたり、食べ物の好みが急に変わる、飼い主を認識できなくなる、不適切な場所で排せつをするようになった場合は、認知症かもしれません。若齢で吠え続けたりする場合には、分離不安など、メンタル的なものも考えられます。また、吠え声の異常でガーガーとアヒルのような声を発すれば、軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)や、気管虚脱の可能性も。小型犬の短頭種に多く発生しています。

病気の可能性があるので病院へ

ポイントアドバイス

吠え続ける状況でも、年齢によって原因はまったく異なります。高齢犬の場合は、人間と同様に認知症が問題になっています。治療は困難を伴いますが、薬物の投与で症状の改善がみられることもあるので、獣医師に相談してください。また、若齢犬で吠え続けるのは、問題行動の場合が多いと思われますので、しつけで改善されることも十分可能です。どちらにしても動物病院に相談してください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。

今回、監修にご協力いただいた専門家

みゅう動物病院 院長 本田善久さん
・(社)大阪市獣医師会 理事
・全日本獣医師共同組合編集委員
・(社)日本動物病院福祉協会(JAHA) 中部日本地区代表ディレクター
・(株)ネオベッツ 取締役
動物たちが健康で1日でも長く飼い主家族と素敵な日々を共有できるようにとの考えのもと、獣医師として最新の知識と技術を提供。病気の治療はもちろん、各種予防、1日ドックなどのトータルケアを同病院で行なっている。また、ネオベッツER堺(夜間動物診療)でも診療に当る。この他、大阪市獣医師会の学術担当として、獣医師向けのセミナーの実施、毎年9月と11月に市民が参加できる動物愛護フェスティバルを実施している。さらに、全日本獣医師共同組合編集委員としてペピィの医療記事にも携わる。
みゅう動物病院
ネオベッツ高度動物医療・動物の夜間救急診察