ペット生活はじめてさん 猫を飼い始めたら

7.遊んであげよう!

7.遊んであげよう!

猫は狩猟本能を刺激する遊びが大好きです。本来猫は、物陰に隠れじっと狙いを定め、近づいていた獲物に襲いかかって捕らえるという方法で狩りをします。
特に子猫や若くてやんちゃ盛りの猫は、この遊びが大好き。じゃらしや、ネズミを模倣したおもちゃを生きているように動かして、反応をみながら遊んであげましょう。
1頭飼いの場合は、遊び足りないと人間の手など動くものを獲物に見立てて攻撃してくることもあるので注意が必要です。
その時に叱ったり叩いたりすると、獲物の反撃と考え、さらに興奮して攻撃するようになるので絶対にやめましょう。

猫が好きなおもちゃ

じゃらし

止めたり急に動かすことで、猫の狩猟本能が目覚めてじゃれて遊びます。

小動物を模倣したおもちゃ

ネズミなどの小動物に見えるものは捕まえたくなるようです。

またたび入りのおもちゃ

ボールなどに入ったまたたびの香りに猫がメロメロになるかも。

隠れたり通りぬけられるおもちゃ

猫は獲物を狙う時に身を潜めるので、動くものとセットで使うと楽しさが倍増するようです。

【 ひとことポイント 】
猫はもう一匹飼うと、人間への攻撃性が減ります

子猫一匹だけで室内飼育をはじめると、必ずといっていいほど飼い主の手や足に噛みついたり、引っ掻くなど攻撃をしてきます。これはハンティングをイメージした猫の遊びですが、人間にとっては迷惑な行動です。実は、若くて活発な猫には、このハンティングごっこの相手ができる別の猫が必要なのです。特に人への遊び攻撃がひどい子猫の場合は子猫をもう一匹飼うことを検討してみてください。
「一匹でも大変なのに、もう一匹飼うなんて」と思うかもしれませんが、活発な子猫は一匹より2匹の方がかえって飼いやすいものです。猫同士だとお互いが生き生きとハンティングごっこをするので、その姿を見ているだけでも飼い主は楽しくなるはず。
ただし、猫にも相性があります。子猫同士の組み合わせであればまず問題はありませんが、成猫になってしまうと他の猫を受け入れない場合もあるので慎重な導入が必要です。

8.社会に慣れさせる練習をしよう

8.社会に慣れさせる練習をしよう

猫は本来、人や犬に比べて社会性の乏しい動物です。特に人間に対して慣れていない状態だと、逃げたり、恐怖から攻撃することもあり、動物病院へ行く時にもストレスがかかります。
猫が人間に慣れていくには子猫の時から人間にかわいがられ、なでられたり、食事をもらうなどの接触が必要です。
特に子猫の時は、感受性が高く好奇心旺盛。この時期にいろんなことを体験させてしっかり接触するよう心掛けてください。動物病院などへ連れて行くことを想定して、キャリーにもなれさせておきましょう。

キャリーに慣れさせる方法

1.キャリーのドアを開けたままにし、普段から自由に入れる状態にしておきましょう

2.キャリーの中に猫の好きなタオルやおもちゃ、オヤツなどを入れ様子を見ましょう

3.気がついたら、自分から入っている状態があるとキャリーに慣れた証拠です

※猫は狭い場所を好む習性があるので、キャリーに興味を持つと、入る可能性が高まります

9.爪とぎのしつけをしよう

9.爪とぎのしつけをしよう

爪とぎは猫の正常行動です。もともとは、木の幹などを爪でとぐ習性があり、爪を整えるのと同時に自分の存在を示すマーキングの意味もあるといわれています。
この行為をやめさせることは不可能なので、猫がといでも良い「爪とぎ」を用意してあげて、そこで行うようにしつけましょう。
いろいろな種類が市販されていますが、猫によって好みはそれぞれ。気に入るものがみつかるまで探してあげてください。
一般的には木の幹を模倣したタテに裂けることのできる素材が好まれるようです。新しい爪とぎは、まず猫の手の爪をこすりつけて、ニオイをつけておくと、なじみが早くなります。

爪とぎの設置場所

猫の寝ている場所の近く

起きてすぐに爪をとぐことが多いので、寝場所の近くが理想です

目立つところ

他のものに目がいくと、そちらで爪をとぐことも。猫の目につくように工夫をしましょう

猫が立って楽にとげる高さ

猫が爪をとぐ時は、立って行うことが多いので高さも配慮しましょう

垂直にしっかりと固定

木の幹をイメージできる角度と爪を立てても動かない安定感を好むようです

10.早めに去勢・避妊のことを検討しよう

10.子猫のうちに去勢・避妊を検討しよう

まだ子猫だと思っていたのに、気がついたら妊娠していた…という話もよくあります。生まれた子の里親が見つかればいいですが、「もらってください」などと書いて、猫を捨てるのは、50万円以下の罰金となる犯罪です。飼うことができない命を増やさないためにも、子猫のうちに去勢・避妊を検討しましょう。
オスの場合もメスの発情に影響されると、攻撃的になり、臭いスプレー(マーキング)を部屋中にまき散らす迷惑行動をおこします。また、猫自身も欲求が満たされないとストレスを感じてしまいます。去勢・避妊はメリット・デメリットを考えて、子猫のうちにしっかり検討しておきましょう。

メスの避妊手術

【メリット】

  • ・望まない妊娠の防止
  • ・生殖器系の病気の予防
  • ・発情の煩わしさからの解消

【デメリット】

  • ・繁殖に供することができなくなる
  • ・手術費用がかかる

オスの去勢手術

【メリット】

  • ・生殖器系の病気の予防
  • ・攻撃性の低下、猫同士のケンカの減少により、感染症にかかる可能性が低くなる
  • ・臭いスプレー(マーキング)で悩まされることが減る

【デメリット】

  • ・繁殖に供することができなくなる
  • ・手術費用がかかる
ページの先頭へ