How to ペットケア 虫の害からペットを守る

  • 耳とその周り
  • 虫の害からペットを守る
  • 肉球や爪は大丈夫?
  • ペットの誤飲誤食に注意しよう!

ペットの健康、大丈夫? 虫の害からペットを守る

暖かくなってくると発生する害虫たち。実は、ダニ・ノミ・蚊などは人間だけでなくペットにも害を及ぼします。恐ろしい病原菌や原虫(げんちゅう)を体内に持っている害虫もいて、甘く見ていると大変な病気にかかることも。 愛するペットが辛い思いをしないように、しっかりと予防をしておきましょう。

虫によって引き起こされる病気|犬の病気 猫の病気

ダミ、ノミ、蚊など、春・夏は特に要注意! 飼い主さんが常に気をつけて、早期発見につとめましょう。

ダニによる病気

※ヘモバルトネラ症は、ノミによっても発症することがあります。

バべシア病

体内にバベシアという原虫を持つマダニによって引き起こされる血液の病気。貧血、発熱、食欲不振、黄疸(おうだん)、血色素尿(※)などの症状があり、死に至ることもある。危険

ヘモバルトネラ症

猫の赤血球にヘモバルトネラという微生物が寄生する病気。ノミやマダニなどが媒介する他、咬傷(こうしょう)などでも感染する可能性がある。貧血、発熱、元気喪失などの症状があり、死に至ることもある。危険

炎症性肉芽腫(えんしょうせいにくがしゅ)

マダニに喰われたところが腫れて起こる炎症。喰いついたマダニを無理に取ろうとすると、化膿したり牙がペットの体内に残って炎症を引き起こす。

耳ヒゼンダニによる外耳炎

通称耳ダニと呼ばれる耳ヒゼンダニがペットの耳につく病気。痒(かゆ)みを伴い、外耳炎などを引き起こす。

犬疥癬(かいせん)・猫疥癬(かいせん)

穿孔(せんこう)ヒゼンダニによって引き起こされる皮膚炎。この病気にかかっている皮膚炎のペットと接触することで感染する。

ニキビダニ症

アカラスとも呼ばれる毛包(もうほう)虫類ニキビダニが原因で起こる皮膚炎。体の免疫力が低下すると増える。犬に多い病気だが、猫での症例もある。

マダニやノミによる病気の予防方法を見る

※マダニ以外のダニは接触感染をさけることが予防につながります。

※血色素尿・・・血液中の赤血球が破壊されて中の色素が溶け出した尿。

ページの先頭へ

ノミによる病気

ノミアレルギー皮膚炎

ノミのヨダレがペットの体に付くことによって起こる、アレルギー性の皮膚炎。痒(かゆ)みを伴うほか、脱毛を引き起こす場合もある。

瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)(サナダムシ)

サナダムシの卵を持ったノミをペットが飲み込んでしまうことにより、体内でサナダムシが成長する病気。自分の体をなめる時などに、ノミが体内に入ることが多い。

ノミ刺咬症(しこうしょう)

ノミに血を吸われることで、蚊に刺された時と同じような小さな湿疹ができる症状。背中に出ることが多く、痒(かゆ)みを伴う。

マダニやノミによる病気の予防方法を見る

蚊による病気

フィラリア症(犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)症)

ペットが、体内にミクロフィラリアを持つ蚊に刺された際、ペットの体内にフィラリアの幼虫が入り、それが血管で育つことで発症する病気。初期は「元気がない」「咳が出る」「呼吸が苦しそう」「食欲がない」などの風邪に似た症状だけなので、発見が遅れるケースも多い。心臓や肺の血管などに寄生した場合、放置すると死に至る可能性も高い。猫でも症例がある。危険

蚊による病気の予防方法を見る

マダニやノミは、薬と「ノミ取りコーム」のダブルで予防が効果的!

ノミやマダニは気付いていなくても被毛についている可能性大!
実際に見つけられるノミやダニは氷山の一角で、その何十倍かの卵や幼虫がそのペットに潜んでいると考えられます。
右記の図の「ノミの付きやすい部分」の地肌を見てください。黒い砂のようなものがあれば、濡れたコットンで押さえてみましょう。赤茶色になったら、それは「ノミの糞」。ペットにノミが住みついている証拠です。また、マダニは野山や川辺などにいます。ペットに喰いつくと膨(ふく)れ、小豆(あずき)大のホクロのようになり離れません。動物病院で除去してもらいましょう。
予防薬は、獣医師に相談して使用しましょう。
定期的に予防薬を使い、外出後はコームで除去を!
ペットをマダニやノミの病気から守りたいなら、予防薬(医薬品)の使用がオススメです。予防薬は、スポットタイプ、首輪タイプ、スプレータイプ、飲み薬などが出ていますので、獣医師に相談して使用してください。
さらに外出後は、ノミ取りコームなどでその日についた害虫やゴミを除去すると効果的。通常、ノミやダニは動きが早く、なかなか捕らえられません。
しかし、全身にいきわたる薬を使っていれば、ペットの体についたとしても徐々に弱ってくるので取り除くことができます。
ノミ取りコームで、毛の奥に潜むノミをかき出しながらコーミング。

ページの先頭へ

蚊による恐ろしいフィラリアは幼虫の段階で駆除(くじょ)

フィラリア症は治療が必要ですが、発症前の幼虫の段階なら、駆除(くじょ)する薬を定期的に投与することで予防できます。予防薬には、チュアブルタイプ(フードタイプ)、粉薬、錠剤、スポットタイプ、注射などがあり、いずれも獣医師の指示が必要なので従ってください。
チュアブルや錠剤などの飲み薬は、蚊を見かけてから1カ月後から毎月1度飲ませ、蚊を見かけなくなってから1カ月後まで必要です。
ただし、すでに体内に成虫がいる場合に飲ませると危険なので、必ず獣医師に相談を。

1.蚊を見かけてから|1ヵ月後

2.予防薬を飲ませる|毎月1回飲ませる

3.蚊を見かけなくなってから、1ヵ月後まで飲ませる

ページの先頭へ

犬や猫も、蚊に刺されるとやっぱりかゆいの?

人間と同じ感覚ではないかもしれませんが、やはりかゆみを感じています。もちろん、蚊以外の害虫も同じです。例えばペットの口が届くところを刺された場合は、噛んだりなめたりして、気にしていることがあります。また、足を伸ばして直接掻くことも。そういうしぐさを見つけたら、動物病院に行くなど、きちんと対処してあげましょう。

対策をしておかないと、命にも関わるってホント?

本当です。虫が媒介する病気の中には、前もって対処しておかないと、最悪の場合ペットの命を奪うものがあります。特に蚊が媒介するフィラリア症、マダニが媒介する犬バベシア症、ノミやマダニが媒介するヘモバルトネラ症は注意が必要です。万全の予防対策をし、もし病気になった場合でも早めに対処できるよう、常にペットの様子をチェックするようにしましょう。

予防薬を使っていても喰われることはあるの?

残念ながらあります。ノミやマダニの予防薬に多いスポットタイプは、ペットの体に付着してから半日~1日で駆除しますが、薬が効くまでに喰いつくくらい強いノミやマダニもいます。アウトドアなど、ノミやダニの多いところに出かけた時は、予防薬をしていても体についていないかチェックして、付いていたらノミ取りコームなどで取り除いてあげましょう。

害虫に狙われやすいタイプってあるの?

長毛種は、皮膚が覆(おお)われているので蚊が刺しにくいかもしれませんが、反対にノミやダニを見つけにくい面も。毛質よりも、皮膚呼吸の激しい犬や猫、つまり二酸化炭素を多く放出しているタイプが狙われやすいですね。同じ公園で遊んでいても、うちの犬だけ喰われるなんてこともあるかもしれません。帰宅時には、グルーミングをして確認するようにしましょう。

ページの先頭へ

獣医師からのアドバイス|害虫を寄生させないことが多くの病気を予防します。

ダニ・ノミ・蚊は、皮膚炎の原因になるなど、それ自体もペットの健康を害しますが、それぞれ寄生虫の卵や原虫などを持っていることがあり、ペットの体内まで蝕(むしば)む可能性があるんですよ。大切なペットの命を守りたいのなら、しっかりと予防対策をしましょう。「うちのペットに限って」と甘く見てはいけません。ノミが一匹いただけで、かかる病気もあります。また、被毛や皮膚に害虫が寄生しているペットと接触することによって、他の犬や猫に病気がうつることもあるので注意してください。痒(かゆ)がる、舐(なめ)ている、皮膚の異常が見られたら、まずは獣医師に診てもらいましょう。健康な状態なら、指示に従って予防薬を使ってください。また、フィラリアのように血液中に寄生してしまうと、見かけだけでは判断できません。病気が進行して手遅れという場合もあるので、毎年きちんと検査を受けましょう。

たかやまペットクリニック 院長 高山 孝博 獣医師

大阪市生野区林寺2-17-15
TEL 06-6711-5615
http://www.e-animals-net.com/
takayama/takayama.html

家族の大切な一員であるペットのためのホームドクター。
来院が不可能なペットには往診などもおこなっている。

ページの先頭へ