犬、サークル、ケージ、トイレ、室内、しつけ、仕切り、外、木製、マット、方法、シート、犬、トレーニング、場所、排泄、ペットシーツ、おしっこ、飼い主、タイミング、室内、環境、コツ、ウンチ、マーキング

2019年度 年末年始に関しまして

2019年度のペティオオンラインショップの年末年始期間の発送につきましては
12月24日AM9時までの注文を年内に発送し、それ以降のご注文は2020年1月6日より順次出荷をいたします。
何卒、ご理解ご協力のほど、宜しくお願い致します。

尚、年末年始前後は交通事情等により通常のお届け日時よりも
遅れる場合がございますことをご了承ください。


ブランド別に探す

  • Petio
  • zuttone
  • Add.mate

オンラインショップTOP > ドッグ > ベッド・ハウス・サークルゲージ

オンラインショップTOP > Petio > Petio 2015年春

オンラインショップTOP > ドッグ > サイズ別 > ミニ犬・超小型犬用

オンラインショップTOP > ドッグ > サイズ別 > 小型犬用

オンラインショップTOP > 特集ページ > 配送でらくらく♪犬の重い・大きい商品

設置場所に合わせて組替えできる、トイレ専用スペース付サークル。トイレのしつけができる仕切りドアとトイレの出し入れに便利なセカンドドア付。シンプルなデザインのスタンダードタイプ。
内容量・商品重量
約11000g
原産国
マレーシア
対象
全犬種

その他サイズ@

住居スペース<ストレートタイプ>約幅94.0×奥行48.0(cm)、<コーナータイプ>約幅48.0×奥行94.0(cm)、トイレスペース<ストレート・コーナータイプ>約幅37.0×奥行48.0(cm)

その他サイズA

仕切りドア開口部:約幅22.0×高さ49.0(cm)

組立サイズ(外寸)

<ストレートタイプ>約幅147.5×高さ61.0×奥行55.5(cm)、<コーナータイプ>約幅102.0×61.0×102.0(cm)

原材料

フェンス:鉄、トレー:ABS樹脂、プラスチックパーツ:ポリプロピレン・ABS樹脂

ペティオトイレのしつけが出来るドッグルームサークルの商品情報

ペティオトイレのしつけが出来るドッグルームサークルは特許取得済み

■商品情報

●スペースが区切れるので、トイレのしつけにぴったり

トイレのしつけ

犬を飼うにあたって、トイレのしつけは避けては通れない大切なこと。

しかし、トイレトレーニングがいつもスムーズにいくとは限りません。

「トイレのしつけができる ドッグルームサークル」は、トイレのしつけがうまくいかない飼い主さんをサポート。

仕切りドアを使えば、トイレと住居スペースをくぎれるので、トイレトレーニングもやりやすくなります!

●お部屋のスペースに合わせて組み替え可能

お部屋のスペースに合わせて組み替え可能

室内で犬を飼うとき、ドッグサークルのサイズや形状がなかなか合わない、なんてことはありませんか?

「トイレのしつけができる ドッグルームサークル」は、トイレスペースの組み替えが可能!

横一直線に並べるストレートタイプ、角を作るコーナータイプの2種類に組み替えて、あなたのお部屋に合ったスタイルでご使用いただけます。

●飼い犬の飛び出し事故を防止!

飼い犬の飛び出し事故を防止

犬の中には、サークルを飛び越えてしまうことも。

単純にサークルが嫌い、苦手という理由もありますが、そのほかにも、高さが足りない、ストレスを感じている、飼い主と遊びたい、などの原因も考えられます。

もちろん、正しいしつけを行うことも大切ですが、飼い主が不在の時や、家の中にいてもみてあげられない時があるでしょう。

そういった場合の事故を防ぐために、屋根付きのサークルを利用すると便利です。

●大切な飼い犬を守る!

大切な飼い犬を守る

サークルから飛び出すと、あらゆる事故が起きる可能性があります。

例えば、サークルの高さがあって脱臼してしまったり、飛び出した先に物があってケガをしてしまったり。

飼い主が気づかないうちにサークルを飛び出さないように、飼い犬を危険から守ってあげましょう。

■サークルのしつけでストレスのない生活を

サークルのしつけでストレスのない生活

室内で犬を飼う時、飼い犬のためにサークルを用意してあげることは、とても大切なこと。

サークルで飼い犬が過ごせるようになることで、留守番ができるようになったり、他人が家の中に入ってきた時もおとなしくいられるようになります。

犬はもともと、巣穴を掘ってそこを自らの住居の場所としていました。その習性が犬にも残っており、サークルの中は、犬にとってリラックスできる場所になるのです。

犬がサークルに入るようにするには、まず、「ハウス」と声をかけながらサークルに入れていきます。犬にハウス=サークルに入ること、と覚えさせたら、今度はおやつやおもちゃを使って犬をサークルに誘導していきます。

犬が自分でサークルに入ったら、きちんと褒めてあげましょう。これを繰り返していきます。

サークルに入るようにしつけることは根気がいりますが、諦めずに繰り返し繰り返しトレーニングを行いましょう。

「ペティオ トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル 2Way」は犬が居心地よく過ごせるよう、さまざまな工夫がこらされている優れものです。

■トイレのしつけ方法

●1.トイレスペースでトレーニング
トイレスペースでトレーニング
犬にとって、トイレトレーニングも大切なしつけ。

あっちこっちでおっしこ(マーキング)をして、周囲に迷惑をかけないように、きちんと飼い犬にトイレトレーニングをしてあげましょう。

「トイレのしつけが出来る 木製ドッグルームサークル」は、仕切りがあるので、トイレトレーニングがやりやすいのが特長。

トイレ用のドッグトレーと、トイレシーツを用意して、その上に排泄をするようにトレーニングしてあげます。

飼い犬がニオイをかぎまわり、そわそわし始めたら仕切りドアを開けて、トイレスペースへと誘導します。

●2.仕切りドアを閉め、飼い犬が排泄するのを待つ
飼い犬が排泄するのを待つ
飼い犬がトイレスペースに入ったら、仕切りドアをロック。飼い犬が排泄を終わるまで見守りましょう。

なかなか排泄をしない場合は、「シーシー」、「おしっこねー」などと、声をかけながら、飼い犬の体に手を添えて腰を下ろさせて様子をみてみましょう。

無事に排泄が終わったら、しっかり褒めてあげます。はじめのうちはおやつを与えるのも、飼い犬がトイレを覚えやすくなるコツです。

●3.上手にできたらしっかり褒める!
上手にできたらしっかり褒める
トイレスペース内でおしっこやウンチをさせるようにしつける場合は、飼い犬が排泄が終わった時にその場でしっかり褒めてあげます。

これを繰り返すことで、犬はトイレスペースでトイレをすれば褒めてもらえる(おやつがもらえる)と覚え、やがてトイレスペースで排泄をするようになります。

犬のトイレの回数は、1日におよそ2〜3回ほど。トイレトレーニングをする時は、食後の後など、飼い主がタイミングをみて上手に誘導しましょう。

犬によっては、サークルの中で排泄ができない子もいます。

決められた場所で排泄ができれば問題ないので、なかなかトイレの場所を覚えてくれない時は、思い切ってサークルの外にトイレスペースを作ってみるのも良いでしょう。

場所に合わせて組替え可能!ペティオ Petio トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル 2Way

商品番号 W24981

定価21,800円
販売価格21,800円(消費税込:23,980円)

[1,090ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

商品イメージ

商品イメージ商品イメージ商品イメージ商品イメージ商品イメージ商品イメージ
商品イメージ
拡大 Prev Next