家庭でできる犬の健康チェック

ペットの『健康で楽しい生活』を応援!ワンちゃんの健康が気になる方へ

愛するペットはいつも健康でいてほしいもの。
そのためには飼い主のケアはもちろん、病気の早期発見や予防が重要になります。
スキンシップをしながら愛犬の身体をチェックしたり、散歩や日常生活のようすを観察してみましょう。
下記を参考に定期的なチェックをして、健康管理に役立ててください。

ここで紹介している内容は一例であって、健康を保証するものでも、病気を確定するものではありません。犬の健康状態は個体によって、それぞれ違います。少しでも不安を感じたら、獣医師の診察を必ず受けてください。


犬編

各部位をクリックしてください。

  • 耳
  • 目
  • 口
  • 鼻や息
  • 体
  • 皮膚・被毛
  • 食欲
  • 排せつ
  • 行動

「耳」めくって、ニオイをたしかめ、耳の中を覗いてみましょう。

「耳」めくって、ニオイをたしかめ、耳の中を覗いてみましょう。
  • ニオイがある
  • 耳が汚れている
  • 傷などがある
  • 耳をかゆがる
このような場合はクリック!

「目」赤くなっていないか、左右の目を比べてみたり、涙や目ヤニもチェックしましょう。

「目」赤くなっていないか、左右の目を比べてみたり、涙や目ヤニもチェックしましょう。
  • 目ヤニが出ている
  • 涙が出ている
  • 目をしょぼしょぼさせている
  • 目をかゆがる
  • 白目が赤い
このような場合はクリック!
  • 左右の目の大きさが違う
  • 左右の目の色が違う(オッドアイを除く)
  • 瞳が濁っているようだ
  • 目をひどく痛がる
  • 目が見えていない
このような場合はクリック!

「口」口をあけて、歯石やニオイ、歯茎の色をチェックしましょう。

「口」口をあけて、歯石やニオイ、歯茎の色をチェックしましょう。
  • ニオイがする
  • 歯垢がついている
  • 歯茎が赤い
このような場合はクリック!
  • よだれを垂らす
  • 食べ方がおかしい
このような場合はクリック!
  • 歯茎や舌の色がおかしい
このような場合はクリック!

「鼻と息」咳やくしゃみが出ていないか、呼吸は正常かなど、落ち着いている状態で様子をみましょう。

「鼻と息」咳やくしゃみが出ていないか、呼吸は正常かなど、落ち着いている状態で様子をみましょう。
  • 鼻水が出ている
  • くしゃみをする
  • 咳をする
  • 熱がある
  • 鼻が変形する
このような場合はクリック!
  • 舌が出たままで息があがる
  • 舌がでたままぐったりしている
  • 涼しい場所なのにハァハァしている
このような場合はクリック!

「体」体全体をやさしくなでながら、腫れやしこり、イボなどがないかチェックしましょう

「体」体全体をやさしくなでながら、腫れやしこり、イボなどがないかチェックしましょう
  • おなかが膨らんでいる
このような場合はクリック!
  • イボやホクロみたいなのものを発見
  • しこりを発見
このような場合はクリック!
  • 触ると嫌がる
  • ある部分を触ると反応がおかしい
このような場合はクリック!
  • アバラ骨がわからない
  • 骨がゴツゴツして肉が感じられない
このような場合はクリック!

「皮膚・被毛」掻いたり舐めたりしている箇所がないか。ブラッシングをしながら毛を開いて、地肌の状態もチェックしましょう

「皮膚・被毛」掻いたり舐めたりしている箇所がないか。ブラッシングをしながら毛を開いて、地肌の状態もチェックしましょう
  • 耳や体をよく掻く
  • 毛に黒いゴマのようなものがついている
  • ノミやダニがいた
  • 掻きキズがある
このような場合はクリック!
  • 毛がもつれている
  • 毛がパサつく
  • 毛が脂っぽくベトベトしている
  • 体臭がある
  • フケがある
  • 湿疹がある
  • 皮膚が赤くなっている
このような場合はクリック!
  • 皮膚の色が黄色っぽい
  • 皮膚の色が紫色っぽい
このような場合はクリック!

「飲食」食欲はあるのか、吐いたりしていないか。どれくらいの水の量を飲んでいるのかをきちんと把握しましょう。

「飲食」食欲はあるのか、吐いたりしていないか。どれくらいの水の量を飲んでいるのかをきちんと把握しましょう。
  • 食べない
  • 食欲がない
このような場合はクリック!
  • 水をたくさん飲む
このような場合はクリック!
  • 吐いた
このような場合はクリック!

「排せつ」毎日の便の回数や状態、尿の回数や量、色をチェックしましょう。

「排せつ」毎日の便の回数や状態、尿の回数や量、色をチェックしましょう。
  • 下痢や軟便
このような場合はクリック!
  • 便秘
  • しぶり(便が出にくい)
このような場合はクリック!
  • オシッコの色がおかしい
  • オシッコの量が多い
このような場合はクリック!
  • オシッコが出ない
  • オシッコが出にくい
  • 何度もトイレに行く
このような場合はクリック!

「行動」下記のような気になる行動はないですか

「行動」下記のような気になる行動はないですか
  • 立てない
  • ぐったりしている
  • ケイレンする
このような場合はクリック!
  • 疲れやすい
  • 元気がない
  • 運動をいやがる
  • 散歩中に歩くのをやめる
このような場合はクリック!
  • 動作がぎこちない
  • 頭が傾いている
このような場合はクリック!
  • 歩き方がおかしい
  • 足をかばう
  • 足を引きずる
  • 足をなめる
このような場合はクリック!
  • よくモノにぶつかる
  • 吠え続ける
  • 声がおかしい
  • 奇声を発する
このような場合はクリック!

今回、監修にご協力いただいた専門家

みゅう動物病院 院長 本田善久さん
・(社)大阪市獣医師会 理事
・全日本獣医師共同組合編集委員
・(社)日本動物病院福祉協会(JAHA) 中部日本地区代表ディレクター
・(株)ネオベッツ 取締役

動物たちが健康で1日でも長く飼い主家族と素敵な日々を共有できるようにとの考えのもと、獣医師として最新の知識と技術を提供。病気の治療はもちろん、各種予防、1日ドックなどのトータルケアを同病院で行なっている。また、ネオベッツER堺(夜間動物診療)でも診療に当る。この他、大阪市獣医師会の学術担当として、獣医師向けのセミナーの実施、毎年9月と11月に市民が参加できる動物愛護フェスティバルを実施している。さらに、全日本獣医師共同組合編集委員としてペピィの医療記事にも携わる。

みゅう動物病院

ネオベッツ高度動物医療・動物の夜間救急診察

みゅう動物病院 院長 本田善久さん

ページの先頭へ