CSRへの取り組み

ペットと人が幸せに暮らせる共生社会を目指して。

私たちは2007年3月に『ペットケア事業を「いのちの産業」として真摯に見つめ、誠実に取り組み、優しさの責務を全うします。』というブランド宣言を発表しました。このブランド宣言において、ペットを命ある愛すべき対象として認識し、すべての事業をこの基本認識に立って実践することを明言すると同時に、ペットと人、人と人、人と企業をつなぐ架け橋となる企業を目指し、常に誠実に取り組んでいくことを表明しています。

また、法令およびその精神を遵守し、『ペットと人の共生社会』をテーマとした、さまざまな企業活動を通じて社会の発展に貢献するとともに、常に地球環境への影響に配慮し、国際社会の責任ある一員としての自覚を高めることで、地球環境保全にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。
そして、地域社会やボランティア活動にも目を向け、より豊かな社会づくりのために、経営資源や人的資源を活用することが、企業の社会的責任(CSR)であると考えています。

ページの先頭へ